2009年02月16日

価格の決まり方

疑問: 価格の決まり方

経済では、物の値段は価格と呼ばれています。野菜やお魚などの価格はどのように決まるのでしょうか。

物を買いたい人と売りたい人がいます。買いたい量を「需要(量)」、売りたい量を「供給(量)」といいます。

供給(売りたい量)が需要(買いたい量)より多ければ、売れ残りが出ます。すると、売り手は弱気になり、買い手は売れ残りがあるのだから安くできるだろうと強い立場となり、価格は下がっていきます。結局、売れ残りがなくなるまで価格は下がり、やがて、需要と供給は等しくなります。需要と供給が等しくなれば、もう売れ残りはありませんから、価格はそれ以上下がらなくなります。

また、逆に、需要(買いたい量)が供給(売りたい量)より多ければ、物はすべて売れてしまってもまだ欲しい人がいるという物不足の状態となります。すると、今度は、売り手は欲しい人はたくさんいるのだから値上げできると強い立場となって、買い手は高くても買わないと物がなくなってしまうので弱い立場となり、価格は上がっていきます。結局、物不足がなくなるまで価格は上がり、やがて、需要と供給は等しくなります。需要と供給が等しくなれば、もう物不足はありませんから、価格はそれ以上上がらなくなります。

価格は需要と供給が等しくなるように決まります。

以下は、価格決定の例を見ていきましょう。

・旬のサンマがたくさん採れた場合、売りたいサンマの量である供給(量)は増えますから、高い価格では売れ残りが出ます。売れ残りがなくなるまで価格は下がるので、旬のサンマは値下がりすることになります。

・健康ブームでバナナの需要(買いたい量)が増えたとします。その場合、安い価格のままでは需要のほうが多く、バナナ不足が生じるので、バナナ不足がなくなるまでお店はバナナの値段を上げます。

ロイター(2009年2月15日)より
『マクドナルドが中国で値下げ』
・ファストフードチェーン最大手のマクドナルドも中国で経済悪化の影響を受けている。マクドナルドは中国で一部商品の販売価格を3分の1以上下げた。値下げした人気商品には、フィレオフィッシュやダブルチーズバーガー、チキンマックナゲットが含まれる。中国では顧客を引き寄せるために値下げるするレストランや商店が増加している。

ただし、すべての商品がこのような需要と供給のバランスで価格が決まるというわけではないようです。どのような商品でそのようなことが当てはまるのか今はまだ知りません。でも、それはそれとして、今回はこのあたりにしておきましょう。




posted by マエムキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済を理解する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。