2009年02月10日

財務諸表

asahi.com(2009年2月3日)より
『焦点:不況で企業倫理への関心高まる、業績との相関性も』
主要な米国企業の多くには、倫理担当の幹部社員がいる。だが、深刻化する金融危機の影響を投資家らが調査するに従い、リスクを抱えたものや明らかに違法なものまで、一部企業では耳を疑うような行為も明らかになっている。
-略-
米大手企業50社から委託を受けているコンサルティング会社Ethical Leadership Groupのスティーブ・プリースト社長は「相場の上昇は多くの罪を覆い隠すが、下落時にはありのままの姿がさらされる」と指摘。「投資家は投資先企業を信用していない。財務諸表も会計監査も格付け機関も信用していない」と語った。

疑問: 財務諸表とは?

答え: 経営成績の内容を計算した書類のこと。企業が利害関係者に対して、一定期間の経営成績や財務状態等を明らかにするために、複式簿記に基づき作成される書類である。一般的には決算書と呼ばれることが多い。

この財務諸表を正しく読むことにより、その企業が不調なのか?好調なのか?をチェックすることができる。

財務諸表は、大きく分けて3つの決算書からなります。『貸借対照表(バランスシート)・損益計算書・キャッシュフロー計算書』がそれです。この3つの財務諸表を総称して、財務三表と言われています。

財務諸表は、不正や誤謬により適正に作成されないリスクがあるため、会社法上の大会社や上場企業などの一定の企業は公認会計士及び監査法人の会計監査を受けることを法で義務付けられている。

一般に損益計算書は過去1年間の収入・支出が示されその損益も計上されます。貸借対照表は一般にバランスシートと呼ばれ会社の資産が左側に、会社の負債と資本が右側に、左右対照する形で表示され、主に会社の財産状況を示すものです。

感想: 新聞で、売上・営業損益・純利益などの記載がよくあるが、これは、財務諸表の損益計算書の内容が新聞記事になっていたということなんですね。




タグ:経済用語
posted by マエムキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。