2009年02月12日

自己資本比率

Reuters.co.jp(2009年02月10日)より
『08年12月末時点の自己資本比率は13.71%=あおぞら銀行』
あおぞら銀行は10日、2008年12月末時点の連結自己資本比率は13.71%で、1兆円超の流動性を維持していると発表した。同年9月末時点の自己資本比率は13.68%だった。

疑問: 自己資本比率とは?

答え: 自己資本と他人資本を合わせた総資産に対する自己資本の割合をいう。
自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総資本

自己資本比率が小さいほど、他人資本の影響を受けやすい不安定な会社経営を行っていることになり、会社の独立性に不安が生じます。自己資本比率が高いほど経営は安定し、倒産しにくい会社となります。自己資本比率は会社経営の安定性を表す数値であり、高いほどよいのです。

では自己資本比率がどのくらいなら倒産しない会社といえるでしょうか。一般に自己資本比率が70%以上なら理想企業、40%以上なら倒産しにくい企業、20〜39%なら普通企業と言われているそうです。




posted by マエムキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。