2009年02月13日

経済とは

疑問: ところで、経済とはどういう意味?

答え: 経済とは「お金」、「モノ」、「サービス」の流れのこと。

追加説明: 家計・企業・政府という3つの経済主体の間を「お金」、「モノ」、「サービス」が流れることによって、国民経済が成り立っています。国民経済とは同じ経済体制をとる1国内での経済活動のことです。また、自国の国民経済と外国の国民経済が物や金の取引をすることを貿易といいます。

モノを買う、サービスを受けるなどその場面、場面において、人から人へお金が流れることで経済が成り立ちます。お金が流れることを「金融」という。

経済(お金・モノ・サービスの流れ)の学問を経済学という。
金融(お金の流れ)の学問を金融学という。

感想: 経済ってとても難しいそうだけど、わたしたちが働いてお金を得て、そのお金でモノを買ったり・サービスを受けたり、または貯蓄をしたりといった、日常生活そのものが経済なんですね。




タグ:経済
posted by マエムキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済を理解する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。