2009年02月17日

上場

NIKKEI NET(2009年1月23日)より
『米グーグルが上場来初の減益 10―12月、ネット広告は拡大』
インターネット検索最大手の米グーグルが22日に発表した2008年10―12月期決算は、純利益が前年同期比68%減の3億8200万ドル(約340億円)だった。投資先の米ネット大手AOLの評価減など10億9000万ドルの損失計上が響き、上場来初の減益となった。収益源のネット広告は拡大を続けたが、景気悪化を背景に増収率は鈍化した。

疑問: 上場とは?

企業は上場している方が上場していないよりも優れた企業と言えるのかというと、決してそうではないようです。

株式を上場させるということは、「ウチの株式を、どうぞ自由に買ってください」ということ。ルールに従えば、その株式の買収者として誰が現れても、どれだけたくさん買っても、文句は言えないのです。株式の上場のことを「公開」と言っているのはそのためです。上場していると、たくさんの株主を集められる点で、事業の資金集めには非常に便利な制度のようです。

サントリー、講談社、JTBなどは、誰もが知っている大企業ですが、非上場です。なぜ非上場にしているのでしょうか。上場してしまうと、株式を誰が買ってもいいということです。上場している企業は、株主から経営に口をだされてしまうものですが、非上場企業なら株主から経営に口出しをされることもありません。オーナーや親企業がその企業の事業資金を十分に用意することが出来れば、上場の必要はないということになります。




posted by マエムキ | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。